BUSINESS CARD コンテンツトップページ名刺の歴史名刺の活用法名刺の作り方 その1名刺の作り方 その2名刺の色の選び方名刺の管理方法名刺のマナー その1名刺のマナー その2リンクお問い合せ

当サイトはリンクフリーとなっております。どなたでもご自由にリンクをお貼り下さい。
管理人へのリンクの許可や、事前の連絡などは必要ありません。バナーが必要でしたら、以下のバナーをお使い下さい。
     BUSINES CARD リンクフリーです

名刺の作り方 その1

名刺というと自分の名前や、電話番号などを伝えるものですが、それだけじゃないのです。名刺でどれだけ自分の仕事を相手に興味をもってもらえるのかが重要です。名刺を作るときには名前や電話番号だけではなくて仕事をスムーズに出来る事も考慮しながら作ることが大切です。ここでは、名刺の作り方についてご紹介しています。

名刺の作り方のポイント

相手に印象が残る名刺を作ろう!

自分のビジネスを簡単に相手に分かりやすいように、キャッチコピーを考えてみましょう。それをいれることによって、相手にどんな会社ということを印象に残すことが出来るし、会話の話題にだってなるときもあるのです。

その他にも、会社の地図やロゴなどを入れるだけでも見栄えもよく、相手に印象を持たすことが出来ます。

名刺に載せる連絡先

先ず名刺をみてどこに連絡をして欲しいかということです。今では通信手段も便利になって、電話やFAXの他にも携帯電話やメール、HPなどいろいろな通信手段があります。どの連絡先が自分にとっていいのかを一番に分かりやすいように名刺に記載しましょう。

HPをみて欲しいという場合には、HPのアドレスなども一緒に名刺に記載しておくと良いでしょう。

名刺の裏も活用しよう!

普通なら名刺の裏面て殆どは真っ白ですよね。でも、それだけじゃもったいない気しませんか?名刺は自分や自分の会社をアピールする一つの手段なので、裏面も活用してアピールしましょう。裏面の基本の使い方としては、英語表記でしょう。英語表記で記載する際には表と一緒の英語表記にしましょう。

他にも、商品の案内や地図などを載せておくのもいいですね。

名刺の用紙について

重さand厚さ

名刺の見本というと××kgといった表記がされていますが、これは1000枚辺りの重さのことを表しています。この数字が大きければ大きいほど紙が分厚くなったり薄くなったりするのです。名刺の紙の選び方としてはどんな名刺なのかによって違ってきます。あまりにも厚すぎてつくってしまうと、名刺いれなどに入らないこともあるので気を付けましょう!

名刺の紙の種類

紙の種類というと、その種類にはいろいろありますが殆どはマットコート紙やコート紙といった紙が多くしようされています。簡単に言ってしまえば、マットコートとは艶のない紙とコート紙は艶のある紙のことをいいます。

コート紙はパンフレットやカタログなどに多く使用されていて、写真の見栄えなどもバッチリです。マットコート紙は光沢感があまりなく高級感があります。でも、印刷の時にインクがにじんでしまうことがあるので注意しましょう。

おすすめWEBサイト 5選

JR東日本
http://www.jreast.co.jp/

Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/rbhetsf0/public_html/inc/randlink.php on line 12