BUSINESS CARD コンテンツトップページ名刺の歴史名刺の活用法名刺の作り方 その1名刺の作り方 その2名刺の色の選び方名刺の管理方法名刺のマナー その1名刺のマナー その2リンクお問い合せ

当サイトはリンクフリーとなっております。どなたでもご自由にリンクをお貼り下さい。
管理人へのリンクの許可や、事前の連絡などは必要ありません。バナーが必要でしたら、以下のバナーをお使い下さい。
     BUSINES CARD リンクフリーです

名刺のマナー その2

名刺はビジネス上、パートナーでもあります。汚れて名刺を相手に渡すことはタブーです。名刺が曲がっていたり、汚れていないかを確認してから渡しましょう。ここでは名刺を受け渡しのマナーについてご紹介していきます。

名刺の受け渡し方のマナー

名刺は訪問した方から渡す

名刺のマナーとして、目下、訪問した側から相手に名刺を出すのが基本です。でも、常に自分から先に渡すと言うことは心遣いでいた方がいいかもしれません。

立ってから名刺交換をする

名刺交換をする時に、テーブルを挟んで名刺を交換するのはマナー違反です。必ずテーブルの横に出て名刺交換をするようしましょう。また、他の人が名刺を交換している間は座らずに立っているようにしましょう。

名刺は両手で受け取る

名刺を両手で受け取るのは基本です。もし、自分と相手が同じタイミングで名刺が出てしまったという場合には、右手で渡して左手で受け取りましょう。また、相手から名刺を受け取ったら、右手を添えて、目の高さの位置まで持ち上げて「頂戴します」といって貰うのもいいです。心遣いが肝心です。

名刺はもらったらよく目を通す

もらった名刺をよくみないのは相手にとても失礼です。もらったあとに名前などを覚えておかなければ名前を呼ぶときに分からない・・・となっては焦ってしまいますよね。なのできちんとみるようにしましょう。

また、相手の名前が読めない漢字なら、相手に尋ねましょう。人は音で頭に記憶します。読めないと覚えることもできないのです。なので、確認することも大切です。

名刺のしまい方

名刺をしまうタイミングとして、基本は相手がしまうまでは出しておきましょう。でも、テーブルが小さかったり書類などで名刺が下になるような場合には、「名刺を入れさせていただきます」などと相手に伝えてから、しまうようにしましょう。

名刺は会社の顔

何度も言いますが、名刺は会社や自分の事を知ってもらうための情報源です。相手に渡す名刺が汚れてたり、曲がっていたりすると相手からのイメージはあまりよくありません。名刺は絶対に綺麗な物を渡しましょう。

もし自分がそうされたら嫌だと思うことは、当然相手も嫌です。名刺は会社や自分の顔となります。相手にどれだけその情報を伝えてイメージをしてもらえるのかが大切です。それを知ってもらうためにも、名刺のマナーを守ることはとても大切なことだと私は思います。

recommend

パワーストーン 卸

2017/7/19 更新