BUSINESS CARD コンテンツトップページ名刺の歴史名刺の活用法名刺の作り方 その1名刺の作り方 その2名刺の色の選び方名刺の管理方法名刺のマナー その1名刺のマナー その2リンクお問い合せ

当サイトはリンクフリーとなっております。どなたでもご自由にリンクをお貼り下さい。
管理人へのリンクの許可や、事前の連絡などは必要ありません。バナーが必要でしたら、以下のバナーをお使い下さい。
     BUSINES CARD リンクフリーです

名刺の活用法

名刺はビジネス上挨拶の基本となります。
名刺は すべてもこの小さな一枚の紙からスタートします。


では、その名刺の活用法にはどのようなものがあるのでしょう。ここでは名刺の活用法についてご紹介していきます。

名刺の効果とは?

名刺には、自分の名前を相手に知って貰うこと、どこの会社なのか、どんな仕事ないようなのか、ということを相手に知って貰うための名刺です。一度会ってその後に自分を思い出してもらう大切なビジネスアイテムでもあるのです。

初めての相手に覚えて貰うためにも、名刺に書かれている情報、名前や電話番号などといった情報をどれだけ活用するかと言うことがポイントとなります。

名刺を紹介状に?

知り合いを誰かに紹介するときなどに、名刺を紹介状代わりにする時があります。そのときには、依頼ごとだと表を避けるようにしましょう。名刺の表には情報が裏面よりもぎっしりと情報が詰まっているので、相手が読みづらくなってしまいます。そのときには、表には要件などを簡単に書いておくといいでしょう。

肝心な本題は裏の余白部分に記しておくといいです。そのときには文はきちんと相手に分かりやすい内容で伝わるようにしましょう。書いた後には自分の押印をしておきましょう。

仕掛けを入れてみよう!

「これは何だろう??」と人は頭に疑問を覚えてしまうと、どうしても答えを知りたくなってきます。それを利用して名刺に仕掛けを入れてみましょう。

自分の趣味や、出身地など個人のデータを仕掛けとして入れ、そんなことから重い空気が軽くなって会話が広がることもあるのです。商談が苦手だという人にはとてもいい仕掛けだと思いますょッ!ひょっとするとビジネスに繋がることも・・・・・。あるかもしれませんね・・・。

名刺の素材を一工夫してみよう!

名刺の素材を変えることによって、自分のアピールに使うことが可能です。布や皮などといった素材に変えてみるととてもインパクトが出て、今ではいろんな素材を印刷することが出来ます。素材を変えてみて名刺を作ることで、少しお金はかかっちゃいますが、それ以上に超えることのできるメリットを得ることができるかもしれません。

何度も名刺を渡そう!

普通は名刺というと初めての人に一枚渡して終わりというのが一般的ですが、その後に名刺を交換した相手には既に知っている間柄として話や挨拶をします。

でも、多くの人と関わりのある人なら、名刺を渡してもなかなか名前を覚えてもらえないということもあります。そんな場合には、相手に名前だけでも覚えて欲しいという時にはその相手と会う度に名刺を渡してしまうのです。そうして渡し続けることによって名前も覚えてもらえるでしょう。

check

ドクターアイズの社内口コミ
http://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000qalz2

Last update:2017/2/15


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/rbhetsf0/public_html/inc/randlink.php on line 12